楽天モバイルの評判が悪いって本当!?徹底調査

楽天モバイル評判って田舎ではどうか?

楽天モバイルは田舎ではつながりにくいという評判はありました。現在はauのローミングを強化する前は、工カバー率96%台だったのが、現在では楽天基地局のない田舎でもauのアンテナがあれば繋がるようになっており、人口カバー率も99.9%となりました。

これまでは楽天の電波が繋がらずまた、パートナー回線となるauのサービスもなかった場合でも、繋がるようになっている可能性が高まっています。

さらに、これまではパートナー回線となるau回線を利用している場合、フルスピードは月間5GBまで、それ以上は1Mbpsの速度制限がありましたが、現在ではそれも撤廃され、パートナー回線という概念もなくなっている状態です。

つまり、楽天モバイルは田舎でもほとんどの場所で電波がつながるとされています。しかし、一部地域では電波がつながりにくい場所もあるため、完全にカバーされているわけではありません。特に山間部や海沿いの地域では、地形の影響で電波が届きにくいことがあります。

実際の利用者の声を見てみると、良い評判としては「田舎でも電波が繋がるようになった」という声や、「普通に使える」という意見があります。一方で、悪い評判としては「電波の届かないエリアが多い」という声や、「山間部では繋がりにくい」という意見も見られます。

楽天モバイルを田舎で使う際の注意点としては、電波がつながりにくい地域が一部あること、山間部・山岳部では繋がりにくいケースが多いことが挙げられます。これらの点を踏まえた上で、田舎で利用する必要がありますね。例えばデュアルSIMでバックアップ回線を用意しておくというのも良い選択かもしれません。

総合的に見ると、楽天モバイルは田舎でも使える可能性が高いですが、地域によっては通信品質に差が出ることがあります。そのため、実際に試してみることがおすすめされています。もし電波がつながりにくい場合は、他のキャリアや通信方法を検討する必要があるでしょう。

今後は楽天モバイルは田舎では繋がらない、という評判はなくなる方向だと思います。

楽天モバイル評判ってそんなに悪いの?

楽天モバイルの評判って一部の人が悪い評判をツイッターなどで投稿して、それが拡散されている印象もあります。

実際は楽天モバイルは3,278円でデータ通信は無制限ですし、中容量で定番の20GBも2,178円でMNOの中ではダントツで安いです。

価格を考えると評判が悪いどころか、良い評判があってもいいくらいですね。

さらに、RakutenLinkという通話アプリを利用すると、国内通話料が無料で通話が可能です。こちらも他のMNOどころかMVNOも実施していないサービスですから、すごくお得です。

では評判が悪い理由を考えると、流行り通信品質ということになります。電波が繋がらない、繋がっているのに速度が出ない。音声通話にノイズが乗るなど、ですね。

こちらはまだまだサービスをスタートして数年のキャリアなので、これからということになると思います。

楽天モバイル評判 東京

楽天モバイルは2023年6月から最強プランとして、料金やプランの仕組みはそのままで、auとのローミング契約の効率化を実施しました。

これまで東名阪でつながりづらかった建物内や地下などはauの800MHz帯を利用することで、これまでつながりづらかった場所がつながりやすく、さらにスピードも出るようになりました。

各種レビューサイトを見ても、23区内ではつながりにくさの投稿はあるものの、比較て使えているような書き込みが多くあります。

楽天モバイルからの発表もいきなりつながりやすくなるというよりも、細かい場所を確認しながら徐々につながりやすくなるよう調整をして行っている印象ですね。

これまで東京では繋がらない!っと言っていたような状態からは若干解消されているようです。

楽天モバイル評判 神奈川

楽天モバイルの神奈川県下での評判は比較的良く、最強プランとなるauとのローミング強化前からツナがらうことが多いという評判も多いですね。

特に横浜エリア、川崎エリアでは楽天回線で繋がることが多く、au回線がなくても問題ないという報告が多いです。

ただ、神奈川県でも人口が少ない場所へ行くと比較的つながりにくいという情報も多く、こちらは今後の課題となるかもしれませんね。

いずれにせよデータ通信もRakutenLinkによる音声通話もそこそこ品質が確保されており、問題なく使えているという声が多く、評判は比較的良いようです。

楽天モバイル評判 大阪

東京と同様に最強プランへ移行することで東名阪の地下や建物内の電波改善を強調していたため、まだ完全に効果は出ていないものの、徐々にauの800MHz帯を使える効果が出てくることが予想されます。

大阪市内は建物も多く、つながりにくいという評判が比較的多いものの、その他の地域では良好な意見が多く見られます。

ただ、郊外のショッピングモールは圏外となるという評判もあり、大阪市外でも建物内は今後の通信品質改善が必要と思われます。

楽天モバイル評判 まとめ

楽天モバイルは、日本の携帯電話市場に新たな選択肢を提供し、特に価格の面で多くのユーザーに受け入れられています。しかし、田舎での評判は都市部とは異なる可能性があります。

楽天モバイルの田舎での評判

楽天モバイルは、都市部ではそのコストパフォーマンスの高さで知られていますが、田舎での評判はどうでしょうか?田舎のユーザーは、通信品質やカバレッジに異なる期待を持っています。この記事では、楽天モバイルの田舎での実際の評判に迫ります。

カバレッジの実情

楽天モバイルは、全国的に広いカバレッジを誇っていますが、田舎では山間部や離島など、電波が届きにくい地域も存在します。一部のユーザーからは、電波の安定性に関して不満の声も上がっています。

価格の魅力

価格に関しては、楽天モバイルは他の大手キャリアと比較しても非常にリーズナブルです。この点は田舎のユーザーにとっても大きな魅力となっており、コストを抑えたいユーザーからの支持を得ています。

サービスの質

サービスの質については、田舎のユーザーの間で意見が分かれています。一部では「都市部に比べて遅い」との声もありますが、多くの場合、「問題なく使用できる」との意見が多いようです。

総合評価

総合的に見ると、楽天モバイルは田舎でも一定の評価を得ていますが、地域によってはサービスの質にバラツキがあることを認識する必要があります。田舎での利用を検討する際は、事前に自分の住む地域での通信状況を確認することが推奨されます。

楽天モバイルの
最新キャンペーンはこちら

こちらのコラムも人気です!