楽天モバイルのここがヤバイ!

楽天モバイルのどうしてもここが気に入らない

最近契約者が増加中の楽天モバイル。プラチナバンドの商用サービスも開始間近ですね。でも楽天モバイルのココが気に入らないんだよな~、というヤバイ口コミもちらほらと見かけます。

楽天モバイルの良さを知るためにも、ヤバイ情報人の目を背けずに確認してきます。

楽天モバイルは、多くのユーザーにとって魅力的な選択肢ですが、一部のユーザーにとってはいくつかのデメリットがあると感じられることもあります。以下に、楽天モバイルのデメリットについて詳しく説明します。

1. 月額料金の変更: 楽天モバイルはサービス開始当初、1GBまでのデータ利用であれば月額料金が0円というプランを提供していました。しかし、2022年7月からは最低料金が1,078円に設定され、完全な0円運用ができなくなりました。これにより、極めて少ないデータ使用であっても最低料金が発生するようになり、一部のユーザーにとってはデメリットとなっています。

2. 通信エリアの限定性: 楽天モバイルの通信エリアは、他の大手キャリアと比較してまだ限定的です。特に地方や山間部では通信が不安定になる可能性があり、都心部でもビルの影響で通信しにくい場所があるという声もあります。このため、通信品質を重視するユーザーにとっては、サービスエリアのカバレッジが十分でないことがデメリットとなる場合があります。

3. 端末ラインナップの制限: 楽天モバイルでは、Androidスマートフォンのラインナップが他のキャリアと比べて少ないという指摘があります。特にハイエンドモデルの選択肢が限られているため、最新の技術や高性能な端末を求めるユーザーにとっては不満が残る可能性があります。

4. 無料通話の条件: 楽天モバイルでは、専用アプリ「Rakuten Link」を使用することで国内通話が無料になるサービスを提供しています。しかし、この無料通話を利用するためには専用アプリの使用が必須であり、通常の電話アプリを使用すると通話料金が発生します。このため、アプリの使用が面倒だと感じるユーザーや、アプリに慣れていないユーザーにとってはデメリットとなることがあります。

5. 実店舗の数の少なさ: 楽天モバイルは実店舗の数が他の大手キャリアと比べて少ないです。そのため、対面でのサポートを重視するユーザーにとっては、トラブルがあった際にすぐに対応を受けることが難しいというデメリットがあります。

6. キャンペーン特典の条件: 楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施していますが、特典を受け取るための条件が多く、時には時間がかかることがあります。このため、キャンペーン特典をすぐに利用したいユーザーにとっては、条件の多さがデメリットとなることがあります。

これらのデメリットは、ユーザーの利用状況やニーズによって影響の度合いが異なります。楽天モバイルを選択する際には、これらの点を考慮し、自分の使用状況や優先事項に合わせて検討することが重要です。また、楽天モバイルの公式サイトやユーザーレビューを参考に、最新の情報を確認することをお勧めします。

他社と比べると楽天モバイルのココがイマイチ

楽天モバイルは、日本の携帯電話市場において、独自のポジションを確立しています。しかし、他社と比較した場合、いくつかのデメリットが存在することも事実です。以下に、楽天モバイルのデメリットについて詳しく説明します。

1. カバーエリアの限定性
楽天モバイルのカバーエリアは、他の大手キャリアに比べてまだ限定的です。特に地方や山間部では通信が不安定になる可能性があり、都心部でもビルの影響で通信しにくい場所があるという声もあります。

2. 端末ラインナップの制限
楽天モバイルでは、Androidスマートフォンのラインナップが他のキャリアと比べて少ないという指摘があります。特にハイエンドモデルの選択肢が限られているため、最新の技術や高性能な端末を求めるユーザーにとっては不満が残る可能性があります。

3. 無料通話の条件
楽天モバイルでは、専用アプリ「Rakuten Link」を使用することで国内通話が無料になるサービスを提供しています。しかし、この無料通話を利用するためには専用アプリの使用が必須であり、通常の電話アプリを使用すると通話料金が発生します。

4. 実店舗の数の少なさ
楽天モバイルは実店舗の数が他の大手キャリアと比べて少ないです。そのため、対面でのサポートを重視するユーザーにとっては、トラブルがあった際にすぐに対応を受けることが難しいというデメリットがあります。

5. キャンペーン特典の条件
楽天モバイルでは様々なキャンペーンを実施していますが、特典を受け取るための条件が多く、時には時間がかかることがあります。このため、キャンペーン特典をすぐに利用したいユーザーにとっては、条件の多さがデメリットとなることがあります。

6. 通信速度の安定性
楽天モバイルは、他キャリアと比較すると通信速度が安定しないといわれています。理由は、他キャリアに比べて基地局の整備が遅れているためです。楽天モバイルは自社のエリアを使って通信していますが、まだまだ通信品質が悪いためauパートナーエリアを利用しています。

これらのデメリットは、ユーザーの利用状況やニーズによって影響の度合いが異なります。楽天モバイルを選択する際には、これらの点を考慮し、自分の使用状況や優先事項に合わせて検討することが重要です。

楽天モバイルの通信速度がイマイチな部分もあるという口コミは多いですね。一部の地域で通信速度が安定しないことがあります。特に人口密集地域や建物内での通信品質が低下することが報告されています。これは、ユーザーにとって不便な状況です。

カスタマーサポートの質も話題になったりしています。楽天モバイルのカスタマーサポートは、他のキャリアと比較して劣っていると感じるユーザーもいます。問題解決までの対応時間が長いことや、一部の問い合わせに対する回答が不十分であることが指摘されています。改善が求められています。

海外での利用を想定している人には国際ローミングの制約も気になるポイントです。楽天モバイルは、海外でのローミングサービスに制約があります。一部の国では利用できない場合があり、通信速度も制限されていることがあります。海外で利用するユーザーにとっては不便です。

端末の選択肢の制限がありましたが今ではほとんどの端末で利用可能です。楽天モバイルは、一部の端末に対してのみ対応しています。他のキャリアと比較して、端末の選択肢が限られているため、特定の機種を利用したいユーザーには不便です。

総じて、楽天モバイルは価格面で魅力的であり、データ無制限プランも提供していますが、上記の点を改善することでさらなるユーザー満足度向上が期待できるでしょう。楽天モバイルの改善に向けて、ユーザーの声を受け入れ、サービスの品質向上に努めることが重要です。

楽天モバイルユーザがどうしても不満なところ

楽天モバイルに関する2024年の悪い口コミをいくつかご紹介します。以下の点がユーザーからの主な不満として挙げられています。

  1. 通信エリアの限定性
    楽天モバイルの通信エリアは他の大手キャリアに比べて限定的であり、特に地方や山間部での通信が不安定になることが指摘されています。

  2. 端末ラインナップの制限
    楽天モバイルでは、Androidスマートフォンの選択肢が他のキャリアと比べて少なく、特にハイエンドモデルが限られているため、最新の技術や高性能な端末を求めるユーザーにとっては不満が残る可能性があります。

  3. 無料通話の条件
    専用アプリ「Rakuten Link」を使用しなければならず、通常の電話アプリを使用すると通話料金が発生するため、アプリの使用が面倒だと感じるユーザーや、アプリに慣れていないユーザーにとっては不便と感じられています。

  4. 実店舗の数の少なさ
    楽天モバイルは実店舗の数が他の大手キャリアと比べて少ないため、対面でのサポートを重視するユーザーにとっては、トラブルがあった際にすぐに対応を受けることが難しいという不満があります。

  5. キャンペーン特典の条件
    楽天モバイルのキャンペーン特典を受け取るための条件が多く、時には時間がかかることがあります。キャンペーン特典をすぐに利用したいユーザーにとっては、条件の多さがデメリットとなることがあります。

これらの口コミは、楽天モバイルのサービスを利用する際の参考になるかもしれません。ただし、これらの情報は個人の意見に基づいており、利用状況やニーズによって感じ方は異なるため、自分にとって重要なポイントを考慮してサービスを選択することが重要です。

こちらのコラムも人気です!